Natural Sleep 自然な眠りの部屋 〜 快眠日記

快適睡眠を考え、その実現のための寝具を提案しサポートするショップです。 良質な天然素材を使い、ヒトが本来持っている自然な眠りを実現をめざして、オリジナル寝具の開発や睡眠の研究に取組んでいる「眠りのプロショップSawada」の店主の取り組みや最新情報を紹介します。 手作りでお届けするオーダー羽毛ふとん、オーダー枕、マットレスやベッドなど、快適で安全に眠るための商品情報も提供しています。

蒸し暑い日本の夏には、やっぱり近江ちぢみ

地元の伝統文化である長浜曳山祭
昨年末のユネスコ無形文化遺産登録記念に東京公演が行なわれました。さらに浅草神社で浅草こども歌舞伎との競演です。
長浜曳山祭のFacebookページをどうぞ

九州では豪雨、梅雨も開けていませんが、7/9の浅草寺はほおづき市もあって大変な賑わいで、温度も35℃と酷暑でした。自宅へ帰ってくるとバテバテです。

あまりに暑いので、リネンカバーと羽毛肌、リネンシーツを外して、近江ちぢみの本麻クール掛ふとん本麻クール敷パッドを出してきました。
40近江縮み敷きパッドイメージ4

リネン麻に比べても涼感がより一段アップします。
蒸し暑い夏には、昔から使われてきた素材の良さがはっきりとでますね。




アイダーダウンの羽毛布団を手づくりする

アイダーダウン羽毛布団を作る店主と長女

最高級アイダーダウン羽毛布団を手づくりする

羽毛布団の最高峰アイダーダックダウンを使った羽毛布団。眠りのプロショップSawadaもいままではカウフマン社など信頼のおけるメーカーのアイダー羽毛布団をお届けしてきました。

なぜ?その1 体質に合わせてオーダーができる

ほとんどのメーカーは、アイダーダウンを睡眠の解決法という考え方で作っているようには思われません。中の羽毛の量も0.8圈1.0圈1.2圓箸泙舛泙舛任后アイダーダウンは非常に保温性が高いために、体質に合わせた厚みでお客様に提案することが必要なのですが、そのようにはなっていません。

また、生地もシルクであったり、本来の羽毛の良さや睡眠環境を改善するというより、最高級品的な品づくりがされています。手づくりをすることによって、睡眠に最適な生地素材やキルティング、羽毛の量を選ぶことができます。お客様の体質や睡眠の状況、部屋の環境に合わせた提案ができるのです。これが第1の理由です。

なぜ?その2 あまりに偽物が実に多く出回っている

アイスランドのアイダーダウン産出量は年間2000堋度といわれています。1枚1圓箸靴2000枚がせいぜい。しかしながら、日本だけでも「アイダーダウン」が年間1万枚以上販売されているそうです。どう考えても合いません。実際、アイダーダウンとしてリフォームに持ち込まれる羽毛布団の中身に偽物が非常に多いのです。

加えて、天然素材には当たり前のことですがアイダーダウンにも品質のグレードがあります。ダウンに含まれるゴミを丁寧に取り除いて、良質のアイダーダウンを得るためには、信頼のおける良い原料メーカーを選ばなければなりません。

なぜ?その3 手づくりしたほうが安くできる

残念ながらアイスランド産のアイダーダックダウンは、ここ数年で再び高騰してしまいました。13年からすると2.5倍の価格です。そこで、製造直売することにより、さまざまな中間コストを省いて、800gのアイダーダウンでいうと、約20年前とほぼ同等の価格でお届けすることができます。

私たちの選択1:河田フェザーのアイダーダウン しかもナノクリスタル加工

原料メーカーは、品質では日本のトップともいえる河田フェザーを選びました。眠りのプロショップSawadaが最も信頼を置いている原料メーカーです。実際、他のメーカーのアイダーダウンと比べても絡みが強く、ホコリが少ないのが特徴です。

さらも、おそらく国内では他に例がほとんどないと思われますが、アイダーダウンにナノクリスタル加工を施しました。

 

さまざまな効果が期待できる抗酸化遠赤外線を発生します。

羽毛製品の河田フェザー株式会社の「ナノクリスタルダウン」ページです。ナノクリスタルダウンとは、「羽毛」「メゾ構造体」「テラヘルツ」といった3つの未開拓分野を組み合わせた技術を使用した羽毛です。

近赤外線等テラヘルツ効果もあります

羽毛製品の河田フェザー株式会社の「テラヘルツテクノロジー」ページです。テラヘルツ波は光(光線)と波(電波)の中間に位置する電磁波で、その両方の特徴を兼ね備えています。テラヘルツテクノロジーの特徴とは光のような直進性(一定方向に進む)と、共鳴(互いの波長波長が合うこと)により特定の分子や分子間の運動に吸収され、物質を様々...

私たちの選択2:超軽量でソフトな新入荷生地TE270 しかも完全立体キルト

 

軽さと身体へのフィット性を考えて、羽毛布団用生地には、ドイツWeidmann社のTE270羽毛布団生地を採用しました。生地重量が69g/屬函国産の平均的な綿100%の生地の約半分。通気性も6ccと十分あり、アイダーダウンの良さを最大限に生かします。

マス目間の移動がない、完全立体キルト仕上げにしています。それにもかかわらず、シングルの側重量はわずか600g。羽毛を800g入りの場合でも総重量1400gと超軽量に仕上がります。

しっとりとした肌沿いをご希望の場合は120/120サテン生地のAD200をおすすめします。TE270と同価格ですが、生地重量は700gと少し重くなります。(それでも通常のサテンより30〜40%軽量です)

側代+羽毛代で計算する納得の明瞭会計

羽毛布団の価格は側代+充填した羽毛代で計算するので明瞭会計です。異様に高い価格を付けて、大幅割引するような怪しい値付けはいたしません。

シングルサイズの羽毛布団側(TE270 又は AD200)価格は86,400円(税込)

ナノクリスタル加工のアイダーダックダウンの価格は108,000円/100g(税込)

キルティングは羽毛充填量によって最適なものを選びます。セミダブル・ダブル・クイーン・超ロングなどご希望のサイズと羽毛量でお届けできます。これはご希望で変更できますのでご注文時にご相談いただくか、前もってお問い合わせください。

編集
充填量キルト価格(税込)摘要
200g7×9 直 302,400初夏〜梅雨明け
300g6×7 2cm立体 410,400肌掛け
500g5×6 4cm立体 626,400合掛け
800g5×6 7cm完全立体 950,400中厚 一般的にはこれをおすすめ
1000g変形5×5 7cm完全立体1,166,400普通 寒がりの方に

自家製ゆえに、高機能でありながら価格も割安になっています。

アイダーダウンのリフォームもできます ご相談ください

リフレッシュマシンを持っていますので、アイダーダウンのリフォームもできます。

側生地 86,400円(税込 シングルの場合 他のタイプも選べます)

アイダーダウン用羽毛リフォーム加工賃 21,600円(税込 シングル)

足し羽毛 アイダーダウン 108,000円/100g(税込 シングルで100g程度)

足し羽毛にアイダーまでのレベルをお求めでない場合、ハンガリーシルバーグース95%460dp 12,960円/100g(税込)をお選びいただくこともできます。

リフォームご希望のお客様は、まずご連絡ください。

HOW TO MAKE アイダーダウン

アイダーダウンは絡みが強いので、通常の計量器を使った充填はできません。そこで二人がかりで充填作業を行います。

 

まず布団側を用意します。コンピューターを使って(エクセルですが)一マスあたりの充填量を計算します。衿元は多く、両サイドは少なくという充填にしています。5×6マスの場合、衿元は32gですが、両サイド中央部は22gになります。

 

計量器を使って一マスごと羽毛の量を計量していきます。計量がおわったら充填です。ゴミの少ない原料ですが、サイクロン充填機(下図)を使って、一気にでなく少しずつ充填します。

 

サイクロン充填機では、羽毛にゴミがあった場合に、それを取り除くことができます。完全立体キルトの場合、入れ間違えはできませんから、慎重に吹込みを行っていきます。

 

こんな感じです。生地が軽くて、平織なのに非常に柔らかい風合いなので、肌に吸い付くような仕上がりになります。動画でもご覧になってください。

一部の画像はアイスランドの羽毛メーカーstteran社、Sleepwell Kauffmann社より提供の動画より使用しました。

羽毛偽装から1年経って

ちょうど1年前 昨年5月に羽毛布団の産地偽装が新聞やメディアを賑やかせました。
フランス産と表示している羽毛に中国産を混ぜたりしていたのです。

20160507朝日羽毛偽装01S

このおかげでテレビ「ひるおび」に出演する機会を得ましたので、私にはラッキーでしたが
13173123_992887417474406_2518228657432908084_o


このようなことは長年慣習的に行なわれてきましたので、あれから1年経ってどうなったのかというと、正直実態はあまり変わっていません。もちろん、トレーサビリティはしっかりしてきたのですが、未だに怪しい羽毛が出回っています。

私にすると問題は産地がどうのこうのよりも、羽毛の質が良いか悪いかです。
高級産地ポーランド産であっても、羽毛の質が悪かったり、洗浄が不十分だとポーランド産と謳う意味がありません。一方、中国でも真面目に鳥を飼育して、ちゃんと洗浄して良質なものを提供する業者はいるのです。

大切なことは
★産地表示などに惑わされないこと
★本物を見抜く目

ただ、一般の消費者にとってみれば、羽毛はブラックボックス。有名メーカーだからといって、必ずしも安心できるわけでありません。
私どもが、羽毛布団を製造直売しているのも、お客様に確実なものをお届けしたいからです。

羽毛のセミナーに参加

先日、大阪でIDFLによる羽毛セミナーに参加してきました。
IDFLとはInternational Down and Feather Testing Laboratory  羽毛の検査を行なう会社です。本社はユタ州ソルトレークシティーで社長のWilf Lieber氏による講演です。
IMG_2369[1]



基本的なことは理解していましたが、新しい情報や検査の実際などを学ぶことができ、有益でした。
一般には下記のようにダウン率やダウンパワー、ダック混入率、酸素係数、透視度などさまざまな指標を報告書にしてくれます。

 KWG93-2

羽毛布団用生地の通気度についての考察

羽毛布団用の生地の特性の一つに通気度があります。

先日も新しく入荷したドイツ製生地の通気度検査を行なってきました。
439


今回は、一度洗った場合にどの程度通気度が変化するかのテストです。 
通常羽毛布団用生地にはダウンプルーフという、羽毛が吹き出さないようにする加工がされています。洗濯をするとこのダウンプルーフが取れていくので、通常、通気度は洗濯するごとに上がっていきます。

羽毛の良さを活かすには通気度は高いほどいいのですが、逆に羽毛のゴミやフェザーなどが吹き出しやすくなります。このバランスが難しいんですね。ちなみに国産生地の場合サテンで3.5cc以下、平織で4cc以下となっています。

結局どうなったかというと
TE270(69g/屐.丱謄スト) 6cc → 10.0cc
TE200(75g/屐.丱謄スト) 5cc → 10.5cc
AD200(94g/屐.汽謄鵝法1.5c → 5cc

S9100(85g/屐.丱謄スト) 3.5cc → 3.5cc
WS8800(114g/屐.汽謄鵝法2cc → 3cc

上の3種類はドイツ製で、バティスト(平織)の2種類は元から通気性は良いので、ステッキーダウンなどかなりハイグレードの中身でないと使えません。洗濯後10ccなのでぎりぎりでしょう。
かつて吹き出しで困ったHEFEL6158リヨセルは洗濯前で10ccでしたからね。

サテンのAD200は初期が1.5ccで今一歩と思っていましたが、洗濯後は5ccでちょうど良いバランスです。国産のS9100とWS8800は洗濯後の変化が少なく、なかなか優秀です。 S9100の変化が少ないのは、今回のロットの場合工場で最初の仕上がりが4.5ccあり、3.5ccに落として欲しいというリクエストのため、一旦ダウンプルーフを落として再処理したためかもしれません。

参考までに 通常のハンカチは 154cc  140番手ラミー生地は 265ccあります。 
一般のカバー生地の計測は次回に

さて 手持ちの他の生地も通気度を測ってみました。
最近よく使われる綿20%ポリエステル80%のTTC生地は 予想通り 0.7cc しかありません。

意外だったのはゴアテックス加工生地です。
社員が使って「蒸れてしょうがない」という シルク生地にゴアテックス加工をした生地は1.6ccで、数字からはさほど悪くありません。お客様から、やはり蒸れるということでリフォームした時に取っておいた7〜8年使用されたゴアテックス加工生地は3.7ccと全く問題ありません。

どうも、通気度と蒸れ感は必ずしも一致しないようです。
私は日常的にHEFEL社5158というリヨセル綿混バティスト生地を使っています。通気度は7ccほどで、5年ほど使用しているので10cc近くまで上がっている可能性があります。通気性が良いので蒸れはほとんど感じません。一方ゴアテックス加工は数字からみると、ポリエステル混生地のように1cc以下ということは無く、数字的には問題無いようですが、「蒸れる」というお客様が少なくありません。

どうも、このあたりは 自然状態での通気性や透湿性と、強制的に風圧をかけたりする検査機との差があるのかもしれません。過去記事をご参照ください
http://natural-sleep.blog.jp/archives/51488306.html
 
まだまだ勉強が足らないなぁと感じます。 

最高級羽毛ベスト・オブ・ポメラニアン入荷

今年1月、ドイツ・フランクフルトで開催されたハイムテキスタイル見本市でカウフマン社に発注した羽毛、ベスト・オブ・ポメラニアン ステッキーホワイトグースダウンが入荷しました。

IMG_2105
 
ステッキーグースという、寒暖の差が非常に厳しい土地で育ったグースの羽毛から、絡みの強いダウンだけを手選別によって得られる貴重なダウンです。
最高級のアイスランド・アイダーダウンの次に位置する羽毛といっていいでしょう。

グースダウンは羽枝が外側に向かって出ているため、内側に向かうダックダウンに比べ絡みが出にくいと云われていますが、今年は久しぶりにしっかりした絡みのあるダウンに出会えました。

その羽毛が本日到着
DSC02927
 ドイツで見た羽毛サンプル通りのしっかりした羽毛です。
ダウン率は93%表示、嵩高はIDFL基準で185mmというから450dp相当です。
原料見る限りでは95%と見て全く差し支えない状態でした。

絡みが強く期待できるダウンです。 
 

ドイツ新着羽毛生地の通気度を検査する

羽毛布団用生地にとって通気性は、快適な睡眠のために欠かせない要素です。

車で5分のところに滋賀県東北部技術センターがあり、ここではフラジール式の通気度検査機がありますので、格安で利用することができます。

439

ここで、昨日納品されたドイツ製の新着生地の通気性を試験してきました。
通気性は生地の端と中央部では微妙に、場合によってはかなり異なりますので、両端と中央の3カ所で測定します。


結果は
TE270 69g/屬離丱謄ストは 6.0cc/s
TE200 75g/屬離丱謄ストは 5.0cc/s
AD200 94g/屬離汽謄鵑蓮1.5cc/s
S9100 85g/屬離リジナルバティストは 3.5cc/s

厳密に言うと中央部と端では通気度が微妙に異なりますので、大まかに慣らした平均値です。

TE270とTE200はほぼ予想通り。洗濯後を考えるとこれぐらいがベストでしょう。
AD200サテン生地は今回初の試みです。100g/屬鮴擇襯汽謄鸚乎呂呂曚箸鵑匹覆い里1反だけ入れてみました。通気度は国産生地なみですね。この生地はサテンにもかかわらず、打込みが縦横245/240とほぼスクエアに織られているので、安定していると思われます。

オリジナルのS9100は3回目のロットで、指示通り3.5cc/sになっていました。

 
国産綿100%生地の通気度は1.3〜1.5cc/sがほとんどで、ポリエステル混になると1.0cc/s未満(0.7〜0.8ぐらい)のものがほとんどです。
通気度が悪いと、空気の循環が損なわれて、蒸れの原因になります。 
 

ドイツから新しい羽毛生地が届きました

ドイツから新しい羽毛布団の生地が届きました。
これからの定番生地となります。いずれも綿100%
最も最軽量はTE270で69g/屐 ̄毛布団の側で600gしかありません。
その次のTE200は75g/屬如‖675g
今回はサテン生地AD200も加わりました。95g/屬蚤760g

weidemann_fabric

 

これだけの軽量生地は日本ではできません。日本で作るとポリエステル100%かポリエステル混になり、通気性が非常に悪くなります。(現在綿100%の国産最軽量生地は当店オリジナルS9100で85g/屐‖715gです)

一般的に出回っている超長綿60サテンは側が1100g、80サテンでも950gぐらいですから、今回の生地の軽さが判ります。

生地が軽いと羽毛を押さえつけないために、空気を含み羽毛の量も少なくてすみますし、通気性がいいので蒸れにくく乾きも早くなります。温湿度調節が抜群ですね。
 

オーダー安眠まくら后_良を重ね、機能アップで新登場

安眠まくら5-07

眠りのプロショップオリジナルのオーダー安眠まくら

2000年に初めてオリジナルのオーダータイプ安眠まくらの製造販売を初めて17年。その間ずっと機能を高めてきました。2017年3月12日より新バージョン垢鯣売いたします。

主な改良点

調節箇所が5→7カ所に増え、横寝時の耳の圧迫を改良しました
肩の部分に少しカーブを付けてフィット感をアップしました
表側のリネン麻生地を、より通気性の高いリネンニット生地にしました
高さ調節シートを2→3枚に増やし、ご家庭での微調整をより楽にできるようにしました

無料カウンセリングとフィッティングが付いて、価格は据え置きです。

7カ所で細かく調節+選べる3種類の中身

仰向け寝をサポートする、中央の3つの部屋
横向き寝をサポートする両サイド各2つの部屋(従来は各1つだけ)

サイズは一般的な63cm巾に対し、70cmとワイドでゆったり寝てもらえるようになっています。合計で7カ所の部屋によって細かく調節ができるようになりました。さらに横寝部分を従来は1つだけであったのを2つに分けることにより、横向き寝した場合に耳が縫い目の部分にくるため、圧迫が少なくなりました。

また、中央部分は従来より巾を小さくして、寝返りした際の横向き寝ポジションが楽にとれるように改良しています。さらに肩の部分にカーブを少し付けて、身体にフィットするようにしました。

従来の安眠まくら検[哨汽ぅ匹錬韻弔良屋

調節のための出し入れも簡単に、中身がこぼれにくいように縫製されています。

安眠まくら垢任蝋イ澆帽腓錣擦胴鼎気選べるように、3種類の中身を用意しています。 また、後から高さが調節できるように、予備の中身を一緒にお付けしています。

自然なやわらかさ:ウールノップス

ウールを粒わた状にしたものです。適度な弾力性をもった自然な柔らかさが特徴です。天然素材を大切にする私たちのコンセプトにも適した素材です。ただ、粒わたなので使用しているうちにどうしても嵩が減ってくるのは致し方ありません。今回は高さ調節シートを1枚増やしましたので、タオルなどと合わせて幅広く調節していただけます。ウォッシャブルウールなので押し洗いによる丸洗いに対応しています。

しっかり目の感触:竹炭入りソフトパイプ

消臭遠赤外線効果のある竹炭パウダーを練り込んだポリエチレン素材のパイプ枕です。ソフトタイプなのでガシャガシャと音がしないタイプです。しっかりした寝心地に加え通気性が良いので、男性に人気があります。押し洗いによる丸洗いに対応しています。

絶妙のバランス:活性炭入りエラストマーパイプ

同じに見えるパイプですが、弾力性のあるエラストマー素材に、多孔質で消臭や遠赤外線効果のある活性炭を練り込んでいます。硬さはウールノップスとパイプの中間で、しっとりとしたホールド感で人気のある新素材です。

通気性と吸湿性をアップした、ニット麻生地の外側

オリジナル安眠まくらには、7つの部屋を持つ枕に、さらに外側のカバーを付けています。側の上面にはニット織りリネン麻生地に麻わた(200g/屐砲鬟ルティングしています。これは麻の涼感と吸湿発散性の良さを活かすためです。

首筋はどうしても汗をかきやすく、その吸湿発散が悪いと蒸れて、寝心地が悪化します。そこで吸湿発散性の良い麻と麻わたを使って、汗を素早く吸う仕組みにしました。安眠まくら垢任蓮⊇祥茲離螢優麕稱真イ蠕乎呂鬟縫奪反イ蠅吠僂┐襪海箸砲茲蝓△気蕕膨無だを向上させています。手洗いによる丸洗いも可能です。

高さを簡単に調節する3枚のシート

安眠まくら垢砲蓮高さと通気性を調節するために

ハニカムシート  1枚 + パンチングシート 2枚

が添付されています。通常は枕の本体の下に入れて使います。ただ、ハニカムシートは通気性をアップするために、枕の外側と枕本体の間に使うことで、空気層を作るため、外側の麻が吸った汗を素早く発散できるようになっています。この時には気化熱を奪うため、枕の温度を下げる働きもあります。

  

左がハニカムシート、右がパンチングシート 厚さは両方とも約5mm

  

裏側からハニカムシートが入っているところ、右はパンチングシートを入れるところ

柔らかな寝心地を生み出すダウンアッパー

枕外側の上に重ねて置くダウン90%のホワイトダウン70gが入った薄いダウン枕です。これを重ねることによって、ふわっとした寝心地が得られます。オプションです。6,480円(税込)

このようにさまざまな素材を組み合わせることで、最適な寝姿勢のカーブと寝心地を得ることができるようになっています。

調湿と脱臭を行なう紀州備長炭

枕本体の中に紀州備長炭を入れることにより、調湿効果と脱臭効果が得られます。こちらもオプションで2ヶ1,080円です

製品ラインアップ

安眠まくら后.Α璽襯離奪廛稿  低タイプ(低〜中)  18,360円(税込)

安眠まくら后.Α璽襯離奪廛稿  高タイプ(中〜高)  18,360円(税込)

安眠まくら后|歟坤愁侫肇僖ぅ彳 低タイプ(低〜中)  18,360円(税込)

安眠まくら后|歟坤愁侫肇僖ぅ彳 高タイプ(中〜高)  18,360円(税込)

安眠まくら后ヽ萓炭エラストマーパイプ入 低タイプ(低〜中)  25,920円(税込)

安眠まくら后ヽ萓炭エラストマーパイプ入 高タイプ(中〜高)  25,920円(税込)

高さがわからない場合は高タイプをご購入ください。中身を減らせばいいだけです。

オプション  アッパーダウンピロー ホワイトダウン90% 70g  6,480円(税込)

オプション  紀州備長炭 2ヶ  1,080円(税込)

オプション  ハニカムシート    1,944円(税込)

オプション  パンチングシート    648円(税込)


出張帰りは飛行機かグリーン車をおすすめ

今回も光と睡眠の話です。

出張で忙しく東京ー大阪を往復するサラリーマン。
新幹線の普通席よりグリーン車の方が
グリーン車より飛行機の方が
家に帰ってから眠れるのだそうです。

というか、光と睡眠の関係を知っていれば、自明のことです。
明るい環境だと睡眠を司るホルモン、メラトニンの分泌が悪くなります。

新幹線だと普通車の照明は明るいのですが、グリーン社は間接照明で暗めです。
飛行機だとさらに暗くなりますね。

なので、メラトニンの分泌の方が暗いほど多く出て眠りやすいということです。

逆に明るい光は覚醒を強めるので、時差ぼけなどの解消に使われることがあります。
ブライトライト_使用風景2


余談ですが、先々月に羽毛や寝具の仕入れでヨーロッパに行った時のこと

出発便は午前1時と真夜中の出発です。フライト時間は12時間

出発後に食事が出ますが、軽食です。
当然ですが本来なら寝てしまっている時間です。

ここでたらふく食べるとどうなるかというと
身体が食べ物を消化することで、体温が一向に下がろうとしなくなるからです。

ですから軽食。食べなくってもいいかもしれません。
長時間の飛行では、機内の照明と食事の時間でできるだけ時差ぼけが出ないようにしているようです。

さて、私はというと、お酒をたらふく飲んでは軽く寝て、起きて飲んで・・・を繰り返します。
本来、良い睡眠をとるにはしてはいけません。
せまいエコノミ席では、お酒でも飲むしかない、というのが正直なところですね。

朝5時頃、ドイツに着きます。少し休んで展示会を一日回ります。
正直けっこうなハードワークですが、初日でテンションも高いのでなんとかこなせます。
その晩は疲れはてて、ぐっすり眠れるというわけです。 
 
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ