Natural Sleep 自然な眠りの部屋 〜 快眠日記

快適睡眠を考え、その実現のための寝具を提案しサポートするショップです。 良質な天然素材を使い、ヒトが本来持っている自然な眠りを実現をめざして、オリジナル寝具の開発や睡眠の研究に取組んでいる「眠りのプロショップSawada」の店主の取り組みや最新情報を紹介します。 手作りでお届けするオーダー羽毛ふとん、オーダー枕、マットレスやベッドなど、快適で安全に眠るための商品情報も提供しています。

出張帰りは飛行機かグリーン車をおすすめ

今回も光と睡眠の話です。

出張で忙しく東京ー大阪を往復するサラリーマン。
新幹線の普通席よりグリーン車の方が
グリーン車より飛行機の方が
家に帰ってから眠れるのだそうです。

というか、光と睡眠の関係を知っていれば、自明のことです。
明るい環境だと睡眠を司るホルモン、メラトニンの分泌が悪くなります。

新幹線だと普通車の照明は明るいのですが、グリーン社は間接照明で暗めです。
飛行機だとさらに暗くなりますね。

なので、メラトニンの分泌の方が暗いほど多く出て眠りやすいということです。

逆に明るい光は覚醒を強めるので、時差ぼけなどの解消に使われることがあります。
ブライトライト_使用風景2


余談ですが、先々月に羽毛や寝具の仕入れでヨーロッパに行った時のこと

出発便は午前1時と真夜中の出発です。フライト時間は12時間

出発後に食事が出ますが、軽食です。
当然ですが本来なら寝てしまっている時間です。

ここでたらふく食べるとどうなるかというと
身体が食べ物を消化することで、体温が一向に下がろうとしなくなるからです。

ですから軽食。食べなくってもいいかもしれません。
長時間の飛行では、機内の照明と食事の時間でできるだけ時差ぼけが出ないようにしているようです。

さて、私はというと、お酒をたらふく飲んでは軽く寝て、起きて飲んで・・・を繰り返します。
本来、良い睡眠をとるにはしてはいけません。
せまいエコノミ席では、お酒でも飲むしかない、というのが正直なところですね。

朝5時頃、ドイツに着きます。少し休んで展示会を一日回ります。
正直けっこうなハードワークですが、初日でテンションも高いのでなんとかこなせます。
その晩は疲れはてて、ぐっすり眠れるというわけです。 
 

お昼一番のプレゼン時に必ず眠くなるわけ

一時バイオリズムが流行りました。

とはいえ、ヒトはさまざまな生体リズムで生きている生物です。
決して侮れません。

1年のリズム、1月のリズム、1日のリズム

お昼過ぎの会議や授業、やたらに眠たく感じませんか?
お昼を食べたからでしょうか。もちろんそれもありますが

ヒトの1日のリズム(サーカディアンリズムといいます) で眠気が強くなるのは
午前2〜4時(いわゆる丑三ツ時) 一番深く寝ている時間帯です。

そして 午後2時〜4時頃にも眠気が強くなるというリズムがあるのです。 

一日の眠気のリズム
どうりで眠いはずです。

つまり、午後2時〜4時に会議をするというのは、まったく非効率ということになりますね。
生産性が上がりにくいし、ミスや事故も起きやすいのです。

さらに、ヒトは周りの明るさが暗くなると眠くなるという性質もあります。
お昼すぎの会議で、部屋を暗くしてパワーポイントでプレゼンテーションって、寝て下さいねといわんばかりです。
授業もそうですね。身体を動かす体育なんかの方がいいでしょうね。

上の図を見ると夜の覚醒度が高いんです。いわゆる5時から男みたいな。

受験生はこの時間に集中するのがいいのでしょうね。
塾に功罪ありますが、この時間に勉強するということは理にかなっています。
来年受験の皆さん、頑張って下さい。



 

LED光源が睡眠を妨げて、子どもの眠りを悪くする

睡眠健康指導士の勉強には睡眠と光の関係を学びます。

ブルーライトという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
LEDの光に含まれる青白い波長の光ですが 

これが睡眠を妨げます。

青色光源のメラトニン抑制

この光が目に入ると、睡眠を司るメラトニンというホルモンの分泌が抑えられます。

睡眠したとしても光の刺激が残っていて、深い睡眠になりにくいという影響もあるんですね。

大画面になったLEDバックライトのテレビ
スマートホン
タブレット
ゲーム機
省エネにした結果増えた、やたら白いLED照明(特にコンビニなんか最悪)

最近はブルーライト低減というものも出てきていますが、まだまだ少数派です。

テレビを始めとするLED光源はここ10年間で急激に増えました。
それで育った子どもたちがどうなっているのか?

教育の現場では落ち着きが無い、切れやすい子どもが増えているという報告があります。
もしかしたら、その原因の一つにLED光源が増えて、子どもの睡眠が十分に取れていないのではないか
そんな風に考えたりもします。

睡眠は記憶の固定と密接な関係がありますから、
まず子どもたちには十分な睡眠を与えてあげてください。
睡眠を妨げないためにも、午後6時以降はテレビやタブレット、ゲーム機は避けましょう。



 

眠りのために部屋は真っ暗?薄明かり?

こんな質問をうけました。

眠る時に薄明かりがいいのか?真っ暗がいいのか?

睡眠のためには、暗いほど良いと言うことは知られています。
日常生活における光の明るさ
一般には500ルクス以上あると、睡眠を司るメラトニンの分泌が悪くなりますから、睡眠に影響があるといわれています。
この数字からいえば、真っ暗でも、薄明かりでもそれほど関係ないといっていいでしょう。
どちらかというと、寝室に入るまでのリビングの明るさの方が影響が大きいでしょうね。

夜中に起きてトイレに行くということがよくあります。

本当は無い方がいいんですが、そういう場合や、地震など万一のことを考えるとフットライトのような、直接光源が目に入らないようなもにがいいでしょうね。
最近はコンセントに差し込んでつかえるようなものもありますので、検討してみてください。

おまけですが

寝室を遮光カーテンにする方があります。二交代・三交代などの勤務の方であれば、しょうがないのですが、一般的な勤務のサイクルの方にはおすすめできません。

朝は光を浴びて起きた方が、覚醒度が上がるからです。
プライバシーの問題がなければ、消灯後はレースのカーテンの方がいいでしょう。


 

おすすめ羽毛布団 限定K91-KWG93 410(実質420)ダウンパワー

k91pw-kwg93

上級睡眠健康指導士 沢田昌宏がおすすめする快眠のための寝具です

限定お買得品 超軽量生地を使ったリーズナブル高品質羽毛ふとん

実質ダウンパワー420強の高品質グースを、国内最軽量の綿バティスト生地を使い、軽く仕上げた高品質の羽毛掛布団です

1.ロイヤルゴールドラベルクラスの実質420dp以上ある中国・吉林省産ホワイトグースを使っている

2.1回洗って音を減らした、国産最軽量羽毛生地を使っている

この2つの素材は、羽毛布団の良さを最大限に生かすものです。できるだけ高い性能を、リーズナブルプライスで目指すために、こだわり素材を選びました。

ホワイトグース ダウン93% 410ダウンパワー 中国・吉林省

kwg93-1

 実は420ダウンパワー以上ある、質の高いグースダウン

中国産?というと、高品質のイメージよりは安かろう悪かろう・・・ でも探せば良いものがあるんです。

大きな国ですから。今回は極寒の吉林省。実は店主の娘(四女)が長春に1年間留学していたので、なじみがあります。 ここで飼育されるグースはハンガリーを原産とするホルトバージ種でコストパフォーマンスの高い羽毛が得られます。

実際輸入時の表示は410ダウンパワーですが、実際に測定してみると429ダウンパワー。ダウン率はあまり気にしませんが、95%を楽にクリアしています。通常、中国のグースダウンは10〜15%のダックダウンが必ず混入しているといわれていますが、これはグースダウン100%とかなり優秀です。

天然素材なのでロットによってバラツキが当然でます。420行かない場合もありますので410表示ですが、今回のロットはかなり優秀です。   kwg93-2  

国産最軽量の羽毛生地K9100を軽く前洗いしました

インドハイブリッド超長綿マハール100番手単糸を平織したこの生地は国産最軽量の85g/屬任后実は私どものオリジナルS9100の一般市販用生地です。経糸180/緯糸170とほぼスクエアに織られているので、洗っても安定しています。

従来、国産用の羽毛布団生地はほとんどがサテン生地(朱子織)でした。日本では羽毛吹き出しを防ぐダウンプルーフ加工を強くかけてしまうので、平織ではガサガサになってしまうからです。しかしながらヨーロッパでは平織が当たり前。丸洗いのことを考えると織り方が安定していて、軽くできる平織の方がベストです。

しかしながら、オリジナルはダウンプルーフを控えめに、ソフト加工を2回、さらに椿油加工をしていますが、一般市販品は通気度を2佞僕泙┐討い襪燭瓠▲據璽僉璽離ぅ困箸い錣譴襯サカサ音が気になってしまいます。 今回、あるメーカーさんが生地を処分するということでシングル18枚限定でお値打ちに手に入れました。カサカサするので、羽毛布団に仕上げる前に側の段階で1度水洗いをすることにしました。これにより、風合いがかなりやわらかくなりました。(メーカースペックでは1度洗いの後の通気度は2.2CC) S9100-1

こちらはS9100の生地

 

通常の厚さ 変形5×5キルト 1050g 総重量1770g!

保温力の目安は●●●●○
変形5×5キルト    down45
変形5×5キルト         一般的な4×5キルト
最も一般的に販売される厚さですが、市販品の多くは右側の4×5キルトです。このキルティングだと体の中央部に縫い目が来るので保温性に難点があります。 そこで、両サイドに1/2サイズのマス目を作り、体のフィット性と保温性を高めた眠りのプロショップSawadaのオリジナルキルトが変形5×5キルトです。(7僖泪舛猟名鑪体キルトです)

側の重量が720g 羽毛が1050g 総重量で1770gしかありませんが、仕上がりはふっくら仕上がります。(一般的な60サテンの羽毛布団の場合総重量は2350g程度になることが多い)

通常価格は 側34,560円+羽毛64,800円×1.05=102,600円ですが、

シングルのみ数量限定特別価格 89,900円(税込)

ご希望の方は メールでinfo3@sleep-natura.jp まで。楽天等での取り扱いはありません。  

手作りで心を込めて仕上げます

当店の最大の特徴は、サイクロン方式でゴミをさらに少なくする充填機を店頭に持っていますので、お客様の要望に合わせて1枚1枚丁寧にお仕立てしています。ですから、中の羽毛の質や側生地の特性などを知り尽くしているのです。 downfact2 downfilling

限定品につき、特注サイズ等はできません。羽毛の増減はできますので、お問い合わせください。

お問合せメール info3@sleep-natura.jp

羽毛布団 側生地と中身の質と充填量でこう違う

羽毛布団の良しあしを語るときに、しばしばダウンパワーなどの羽毛の質の良さをいうことが多い。
もちろん、これは最も重要なことなのだが、生地と羽毛の充填量については、あまり語られることが少ない。

まず、次の 2点の画像をご覧いただきたい

 S91-V55P-HSV95-460DP
この羽毛布団は 側生地は当店オリジナル100番手平織S9100(85g/屐…無づ3.2奸法|罎留毛はハンガリーシルバーグース ダウン95% ダウンパワーは460dpでプレミアムゴールドラベル(440dp以上)相当
総重量は1,630g程度

W88-V55-FPD90A-400DP

一方こちらは 側生地が80番手サテンWS8800(114g/屐…無づ1.7奸砲如 ̄毛はフランスピレネーホワイトダック ダウン90%でダウンパワー400dpのロイヤルゴールドラベル(400dp)相当
総重量は2,080g

これだけだと、パワーのある羽毛を軽い生地に入れると、これだけ嵩が多くでますよ、という説明になるが、実は羽毛の充填量が違う。上は900gで下は1150g つまり下は上の2割以上羽毛の量を入れているにもかかわらず、嵩の出方にこれだけ差がでてしまうのである。

つまりこれは、羽毛布団の中を見ると空気の量が上と下では大きく違うことだ。下の羽毛ふとんは決して悪くない。生地は超長綿スーピマの80サテンで、羽毛も通常では上級クラスのロイヤルゴールドラベル相当の400dpである。世間的に見ても十分良いはずの羽毛だが、本当に軽くていい生地と良い中身を入れるとこれだけ差があるということだ。

もちろん、嵩があればあるほど良いという訳ではない。太平洋側都市部のマンションだと暖かすぎるだろう。700〜750gぐらいで十分かもしれない。

大切なことは、空気を多く含み、しかも通気性の良い生地を使うことによって、より快適な睡眠環境が得られるということである。

 

ダックダウン(アヒルの羽毛)は臭いやすい

white_duck
ホワイトダックダウン90%

ご高齢のお客様から羽毛布団のリフォームのご注文をいただいた。
おばあちゃんなので、ベッドに眠るときに通常のシングルサイズ(150×210cm)では大きすぎるため、ジュニアサイズ135×185cmへ作り替えて欲しいとのご要望である。

このお客様に限らず、介護ベッドなどをお使いいただいている場合、ベッドの巾は83cmもしくは91cmで柵があるために、通常の巾の羽毛布団、それも嵩高いものは使いにくいというお話がある。
そこで、背が150cm以下ならば135×185cmぐらいが使いやすいといえる。背が高い場合は135×200cmでお仕立てもできる。

さて、今回は手持ちの新品の羽毛布団を新しい側に入れ替えて、とのご要望だったが、実物をお預りしてみると羽毛の臭いがする。東京西川にしては珍しいと思ったが、臭いが気になるので、やはりちゃんと洗ってゴミ取りもして入れ直そうということになった。

残念ながらダックダウンで、特に中国や台湾で洗浄した羽毛は臭う物が少なくない。もともとダックはグースに比べると油脂分が多いので、臭いやすい傾向にある。低コストで提供される羽毛は、当然のことながら洗浄が十分でないものも多いので、臭いがでるのは当然と云えば当然か・・・

以前に量販店でお求めになったというウォッシャブルの羽毛肌ふとんが何回洗っても、いや、洗うほど臭いが強くなったと云うから、洗浄が不十分で、羽枝の付け根に汚れがこびりついたままだったのだろう。

もっとも、中国や台湾洗浄が全て悪いというわけではないが、コストを抑えるために洗浄工程を短縮するなどの手間をはぶいているのだろう。

実はヨーロッパ洗浄の羽毛も日本洗浄に比べるとちょっと甘い。しかも硬水で洗浄するのでその傾向が強いといえる。
私どもが仕入れている河田フェザーさんは、鈴鹿山系の超軟水で洗浄しているので、洗浄力が強い。
このあたりも、仕上げには大きく関わってくるといえよう。


羽毛布団のリフォームと丸洗いについての注意点

羽毛工房全景ワイド

羽毛布団のメンテナンスには、リフォームと丸洗いの2種類がある。
一般的には3〜5年に一度丸洗いを行い、10〜12年に一度リフォームを行っていただくのがベスト。全く洗わないと汚れがこびりついて落ちなくなるので、定期的な丸洗いは必要だ。

ところが、この丸洗い。長年の使用で中の羽毛が壊れてできた羽毛のゴミを取り除けるわけではない。
それと、表生地にはダウンプルーフという吹き止め加工がしているので、実際に自分で洗うとわかるが、水の浸透が悪く、側生地の汚れはともかく、中の羽毛については十分に洗えるのかというと、ちょっと難しい。それでも、洗わないよりは、ずいぶんマシなのだが・・・。

さて、羽毛布団のリフォームの場合は、ちゃんと洗えるのかというと必ずしもそうではない。
ホームページにも述べているが、幾通りかの方法がある。

まず論外なのは、スチーム洗浄というやつで、スチームだけで洗ったことにするらしい。某テレビ通販で行われているのがこれだが、気休めでしかない。

羽毛工房
これは1988年に導入した、最初のリフレッシュマシンなのだけど、これがスチーム洗浄だった。昔のお客様には大変申し訳ないのだけど、正直汚れ落としっていうほどのものはない。スチームを噴霧jしてゴミ取りをするだけだから。

それで、途中から最初の羽毛布団をお預りした段階で丸洗いをして、それからスチームをするようにしたら、かなりましになった。

この羽毛布団の状態で丸洗いして、ゴミ取りをするリフォームも多い。
一般的に量をこなすタイプはこれがほとんどだ。というのも、何枚かまとめて丸洗いすることができるので、効率的なのである。

ところが・・・上記で述べたように、これではきれいに洗うことはできない。羽毛の側は水の浸透が悪く、当然羽毛の隅々まで水流が行き届くなんてあり得ないからだ。

一番しっかりきれいになるのが、プレミアムダウンウォッシュと呼ばれる、私どもが行っている方法だ。
ドイツLORCH社の洗浄機で羽毛を直洗いするから、羽毛の汚れの取れ方が全く違う。
自社で全て行うので、一般的な工場で行う羽毛リフォームの工程より1.5倍以上の時間を掛けて、ホコリやゴミを可能な限り取り除くようにしているのである。

10年、あるいはそれ以上に一度のリフォーム−仕立て直しであるから、できるだけちゃんとした仕立て直しをおすすめしたい。

特に最近こだわっているのは生地。
基本的に国産仕上げ生地(もしくはヨーロッパ直輸入)+国内縫製にしている。
多くのリフォームは側生地が中国製だが、現地の状況を聞くと、環境負荷面で問題がかなりあるようだ。
もちろん、全てではないだろうが、実際に確認がとれないため中国プリント生地は扱いを中止した。

ついでに、通気性の悪いポリエステル混生地は使わない
リフォームされる羽毛布団のほとんどが綿100%である。せっかくお金を掛けて、使い心地を落とすことはできないからである。
reform_process1















睡眠密度を上げるための寝具

「深層NEWS」というテレビ番組で睡眠についての話が出ている。

よく問題になるのは何時間眠ったら良いのですか?ということで、7時間ぐらいがベストといわれる。
ところが実際社会人では6時間の睡眠を確保するのが精一杯ではないか?実際に5時間程度という方も少なくない。

実のところ睡眠時間も問題だが、問題は睡眠の質ではないか?
睡眠の長さも必要ながら、深さも必要だからである。つまり睡眠密度を上げる必要がある。
うつらうつらして、何度も目が覚めるような睡眠は、長く寝ていても熟眠感がないし、実際にステージ3やステージ4のノンレム睡眠は徐派睡眠という深い睡眠だが、こうなると得られにくい。特に、蒸し暑い夏は特徴的だ。

正しい眠りのリズム
そうすると、成長ホルモンの分泌は抑えられて、身体の回復や免疫力も回復しにくいのだ。
ところが、このような番組ではどのような寝具を使えば良いかということはほとんど語られない。なぜかというと、睡眠の専門家といわれるお医者さんは、失礼ながら寝具のことをほとんどご存じないからである。

それでは寝具の役割は何かと云えば、2つ
1.睡眠中に不快な情報を身体に与えない
2.睡眠中に快適な情報を身体に与える。

質の低い寝具は暑い、寒い、痛い等の不快情報が多い。質が高くても、身体に合わない寝具も同様だ。
これを使えば眠ることができる、のではなく、まず、身体へのストレスをできるだけ下げることが寝具の必須である。
その上で、触って気持ちが良いといった快適情報は精神的な安心感を与える。カバーなどが重要なのはここだ。

睡眠障害で睡眠ポリグラフを取りに来た患者さんが、睡眠センターの上質なベッドに寝たらぐっすり快眠できたという、本当は笑えない話もある。

私たちの仕事は、お客様に合わせてストレスの少ない寝具選びをサポートすることなのだ。
 

マットレスは本当にソフトで良いのか?

あるメーカーさんの展示会に行ってきた。
そこがメインで押しているマットレスは、メタルフリー。つまり金属コイルを使っていないマットレスなのだが、寝ごこちは、かつての低反発マットレスのような非常にソフトなものである。

一方、金属コイルスプリングのマットレスも、昨今はトッパーといって、コイルスプリングの上面にソフトなウレタンやラテックスなどのフォーム素材を使ったタイプが増えている。

いくつかの種類を試してみたが、いずれもヒップポイント=お尻の位置が下がってしまう。どうも、昨今のマットレス業界のトレンドであるようだ。

かつて、マットレスは硬い方が身体に良いとされてきた。昔のマットレスのコイル数が少なかったこともあるが、腰が落ち込んで 身体がくの字になると腰痛の原因になるとされてきたからだ。

それから、低反発ウレタンが体圧分散に優れているということで台頭してきた。確かに体圧分散は優れているのだが、通気性が悪く蒸れやすいということと、なにより寝返りがしにくいという欠点を持っていた。

いろいろ研究を重ねた結果だが、理想的なマットレスとは\気靴た音兩(背骨のカーブ)の保持 適度な体圧分散 E度な寝返りがしやすい反発性 げ梗湘戮猟汗亜,鯔たすものだと考えている。

ヨーロッパなら、横向き寝が圧倒的に多いので、上記のようにソフトなタイプでも問題がない。特に肩幅の大きなゲルマン系だと、その肩の出っ張りをストレスなく受け止める柔らかさが必要だ。しかし、どちらかというと仰向き寝が多い日本人にヒップポイントが下がってしまうようなマットレスが合うのだろうか? 私は懐疑的である。

天然ラテックスのマットレスを寝比べてみたが、こちらの方が圧倒的に安定感が高い。

加えて、ウレタンなどフォーム系の素材は使用しているうちに、弾性が低下する。言い換えれば「へたって」くるのである。見た目では判らないが、体重をかけると落ち込むという状態になる。硬めのマットレスでさえこうなるのに、新品の状態でヒップポイントが落ち込むマットレスは、使用していくうちにどうなるのか心配だ。 

 
livedoor プロフィール

ねむりはかせ

創業120年を迎える老舗のふとん屋の四代目
今までの「売れれば良いふとん屋」を脱却し、快適な眠りはどうあるべきか、そのための寝具はどのようにしたらいいかを日夜研究しています。
そのために、全国世界を訪ね歩き、試行錯誤の中からオリジナルの寝具を生み出してきました。

プロフィール画像はキャラクターデザイナー井上・ヒサトさんの作品 なまけもののネムタをご厚意で使わせていただきました。

記事検索
  • ライブドアブログ