Natural Sleep 自然な眠りの部屋 〜 快眠日記

快適睡眠を考え、その実現のための寝具を提案しサポートするショップです。 良質な天然素材を使い、ヒトが本来持っている自然な眠りを実現をめざして、オリジナル寝具の開発や睡眠の研究に取組んでいる「眠りのプロショップSawada」の店主の取り組みや最新情報を紹介します。 手作りでお届けするオーダー羽毛ふとん、オーダー枕、マットレスやベッドなど、快適で安全に眠るための商品情報も提供しています。

店舗情報

店じまいセールを開催中です

当店は滋賀県長浜市の市街地中心部、今ではまちづくりの成功事例の一つと言われる黒壁の近くです。
今回、当店と隣のパウビルを含めた元浜町13番街区市街地再開発が進められることになりました。

それに伴い、1月末には現在の店舗を閉鎖し、2月末より長浜市神前町9-11 商品倉庫の場所に仮店舗を移動して営業を始めます。再開発の新店舗オープンは2020年9月ぐらいの予定です。
店舗正面2


長年の営業で、さまざまな在庫もあります。また、雑貨をやっていた頃の名残で雑貨や家具もいろいろと残っていますので、1月末まで店じまいセールを実施しています。ものによっては80%引の品もありますし、継続定番品も通常より割引率をアップして提供しています。

店じまいセールのお値打ち品リストはこちら
羽毛ふとんのお値打ち品リストはこちら

メールでのカウンセリングでも、同様の割引をいたします
メール info3@sleep-natura.jp  までお問い合わせ下さい

ホームページを全面リニューアルしました

店主より

眠りのプロショップSawadaのホームページを全面リニューアルしました。

新しいサイトは http://www.sleep-natura.jp  です。
旧サイト natural-sleep.com  も残っておりますが 、古い情報も多いので数ヶ月で閉鎖することといたします。

なおオーストリアから直輸入しているリラックス社のウッドスプリングやラテックスマットレスなどの紹介サイトは 新しく作っていますので、こちらもご覧ください。


よろしくお願い申し上げます。
 
P.S.今回は当初プロにお願いしようと思っていたのですが、見やすさを考えて、途中でメニュー構成とかが結構変わっていきますので、結局WordPressを使って自分で作ることになりました。
 ですので、不具合やバランスがあるかもしれませんが、ご容赦ください。
 

掘り出し物 その1 ダウニーのステッキーグース

前回の記事で批判をした西川の展示会、でも掘り出し物をかなり見つけることができた。

昭和西川の現物市で、「沢田さんなら、これなんかどうですか」とセールスが持ってきたのが、ビラベックのダウニーブランドの羽毛布団。シングルの掛、合掛け、ダブル、クイーンと各1枚ずつで、どうも見本で残っていたもののようだ。羽毛布団は基本的に自家製造しか扱わないのだけど、ダウニーなら別。

DSC00490
 う〜ん、もうちょっと安くならない・・・? でも原価かなり切ってまして(汗)
そこをなんとか、といいながら値切って4枚ゲット。

で、よくよく見てみれば中の羽毛は「ロシアホワイトグース」。これって、確かステッキーグースのはず。
後でビラベックに確認したらその通りで、スイスのダウニーに訪れた時に見た原料だ。
羽毛をさわる

この原料なら安い。今時こんな良い原料を手に入れることすら難しい。
確かに原価切っているはず。昭和西川さんごめんなさい、ありがとう。

といっても
150×210 ステッキーグース95% 500g が1枚
150×210 ステッキーグース95% 800g が1枚
ダブル190×210 ステッキーグース95% 1020g が1枚
クイーン210×210 ステッキーグース95% 1120g が1枚

当時の価格の30%引きにてご提供。800g入で税込15万円。羽毛が高騰している今ならもっと・・・高い。 

興味がある方は私にメール下さい info3@sleep-natura.jp
 

大創業祭6日より 創業121年

今日(6日)から大創業祭。チラシは5日に折り込みで配布させていただいた。
ホームページからもご覧いただけるので・・・こちらを


チラシ201110


裏面が

チラシ大創業祭


例によって、ぎりぎりに原稿を仕上げるものだから、色校正をしている間がなかった。少し色味が強くて、それも赤味にかけるなぁ。娘はこれを見て、「ごちゃごちゃしてるなぁ」と勝手なことを言っているが、まぁだいたいこんなもん、と理解いただければありがたし。

今年のメインは、敷(マットレス)と敷の保温。体を支える屋台骨として、背骨を自然な状態で支えることはとっても重要だ。自然素材の寝具で、自然な眠りのリズムを、というのが私どものコンセプトなのである。

また、今年の冬も節電がテーマになろうとしているが、布団の保温は敷からというのが基本。寒いと直ぐ掛ふとんや毛布に意識が行きやすいが、熱の多くは下から逃げている。ということで、電気毛布に頼らない自然な暖かさを実現するグッズを取りそろえ。

毎年は5日間なのだけど、博覧会で混んだりすることもあり、快眠カウンセリングをじっくり対応させていただくためにも、6日〜17日のロングランでの開催。店主の私に快眠カウンセリングをご希望される方は、事前にご予約を。

もう一つはこたつ。綿生地の高騰で、今年のこたつ布団は高いか、価格が変わらなければ生地が薄いかのどちらかになっている。専門店クオリティを確保するために、こたつ布団メーカーの倉庫に眠っている旧柄の側を見つけて新たに加工してもらった。3年前ぐらいに15000円以上で販売していたものが1万円切りなど、数量限定だが、かなりお値打ち品を揃えさせていただいた。

江・浅井三姉妹博覧会場もお隣、ついでに、ぜひおいでやす。

創業120周年の大創業祭

眠りのプロショップSawadaの創業は明治23(1890)年、私で四代目になります。
本年は創業120周年

明後日21日(木)〜25日(月)まで、創業120周年の大創業祭を行ないます。
創業120年というと、帝国ホテルとかエビスビールとかが一緒ですね。

さて、私なりの120周年のテーマは「経営理念(ミッション)のさらなる具現化」
うちのミッションは
「お客さまに質の高い睡眠を提供することにより、健康的な生活をしていただくこと」
であり、その実現に向けて
 1.睡眠科学に基づいて、お客さま1人1人に最適の寝具や睡眠環境をコンサルティングして提供すること
 2.質の高い安全な製品を製造小売(SPA)によって提供し、リーズナブルな価格を実現すること
 3.長く使う、再利用する、生分解するなど地球環境に負荷を与えない製品・サービスを提供すること
の三本柱を推進してきました。

2000年頃から取組を始め、滋賀医大睡眠額講座や日本睡眠環境研究機構などとの連携、羽毛布団の製造とリフォームのほぼ100%自家製化、オリジナル生地によるカバー、寝具のグリーン購入大賞受賞など、私としては8合目をなんとか超えられたかな・・・という感じです。

これからは、お客さま1人1人に対しての提案精度をさらに高めていくことが大きなテーマと思ってます。

さて、今回の大創業祭では、いろいろとこだわりのお買い得品をご用意いたしました。
今日から明日にかけてのブログ記事で、ご紹介してまいります。

まずは明日20日折込み予定のチラシをどうぞ! こちらから(PDF)

羽毛工房が完成しました

すでに動いておりましたが、壁を作ってお化粧直しをして、新しい羽毛工房が完成しました。
今回は、羽毛除塵機とサイクロン羽毛充填機を導入です。経緯はこちら

羽毛除塵充填機

ドイツLorch社の羽毛リフレッシュマシン(店頭設置は日本で2台だけ)はこちら
羽毛リフレッシュマシン

リフォーム工程を説明しますと、まず一番左側の洗濯機で羽毛を直接洗浄します。羽毛ふとんや袋に入った羽毛を洗うのと違い、細かな汚れも非常にきれいに洗ってくれます。もちろんスチーム洗浄なんかとは格段に違うきれいさです。

羽毛を洗ったところ
これが洗い終わったところ。ドラムにへばりついているのが羽毛です。これを中央部の乾燥除塵機に送ります。ここでは120℃の熱風で洗った羽毛を乾燥しながら、ゴミを取ります。
湿度が35%ぐらいになったら乾燥終了です。

乾燥した羽毛は送風機によるミニ選別機にかけられます。これは、羽毛工場の選別機と考え方は同じで、この時に大きなフェザーなどは取り除かれます。(Lorch社は大手羽毛原料メーカーの洗浄・選別機を作っていますので、そのあたりのノウハウはバッチリですね)

ここまでは従来と同じです。ここからが新しくなったプロセス。
まず羽毛除塵機に送り込みます。こちらです
羽毛除塵機1

羽毛除塵機はメッシュのドラムに羽毛を入れ、攪拌と空気圧によって細かなホコリを取り除きます。というのもLorch社のリフレッシュマシンは乾燥除塵でしたので、もう一つファイバーの取り除きが弱かったのです。約5分間の除塵を行います。
除塵機内部

充填機は正確な充填ができるように仕様を求めたため、少し大きくなってしまいました。計量器は全部で3個使っています。全体計量と、充填量計量に2つです。
羽毛充填機全景1

より正確な充填をするために、2つの計量槽を使い、交互に1マスごとの充填量を計測して充填します。従来のタイプが減算式という充填しながら減算して計量するタイプだったために、細かな軽量は難しかったのです。今回は1マス1g単位で制御できます。
計量槽

計量を制御するパネルも2つ分あります。
計量用パネル

そして、吹き込みの目玉がサイクロン。計量した羽毛をそのまま入れるのではなく、円筒型の容器を通すことにより、羽毛は竜巻のように回りながら充填されます。この時、ホコリやフェザーなど今までの工程で取り切れなかったゴミを取り除くことができます。
サイクロン回転中

画像は充填中のものですが、重いゴミだけ下へ落ちるようになっています。
サイクロン全体


落ちたゴミはこのような状態です。
サイクロンゴミ1
サイクロンゴミ2

羽毛直洗い−乾燥除塵−送風分別−羽毛除塵と行ってきても、まだこれだけのゴミが残っているのです。実はリフォームに限らず、全く新品の羽毛を充填しても、少しゴミが混ざっているのです。

実はこのサイクロンを行うと充填効率がかなり悪くなります。時間が倍以上かかるわけなので、通常の工場では行われていないことがほとんどです。でも効果は抜群ですね。

充填量も例えば4×5マスの標準的な羽毛側の場合、通常の工場では均等に入れるのがほとんどですが、中央部を100とすると、へたりやすい襟元は105、両側の保温に関係ない部分は95というように、身体にフィットしやすい充填を行っています。

現時点では日本で最高レベルの羽毛ふとんのリフォームかな。

価格ソフトな超長綿60サテンの立体キルト側を使い、基本的な足し羽毛を含めて、加工手順これだけ全てで29,800円です。
お使いになる方の体質に合わせて、生地やキルティングの方法をおすすめしています。


 

四川省産で四川省をバックアップ

9e8a8b5f.jpg

毎日のように新聞の一面を飾る四川省大地震。上海などの湾岸部と違い、内陸部は開発が遅れている分、古い建物が多く、多くの犠牲者になったようです。

さて、この四川省。さわだは10年以上も四川省のハンドピック(手摘み)のホワイトグースの原料をずっと使ってきました。というのも、同じ嵩高16.5cmのハンガリー産に比べると、まったく遜色が無い割に価格が2割以上安かったからです。

中国産の羽毛というと悪いイメージがつきまといます。実際粗悪品も多いのですが、この四川省産の羽毛は品質も安定していて、ベーシックランクの定番羽毛でした。四川と名前が付くだけに四川省は川が多く、一方で内陸部の山岳地帯のために冬の寒暖の差がかなりあり、豊富な水と相まって質の良い羽毛が採れるのです。

今回の地震で産地の状況が今後どのようになるのかは分かっていませんが、長年お世話になった羽毛の産地なので、何かできないかと思い・・・といっても神戸と違い現地へは行けません。

そこで、先日仕入れた四川省産羽毛50kg分については1kgあたり1000円、都合5万円を救援金に拠出することにしました。
さらに・・四川省産の羽毛ふとんをお買上げの方には、1枚あたり3000円を救援金として上積みすることにいたしました。

季節外れなので、羽毛ふとん要らないという方も多いとは思いますが、購入を検討されている方はご協力をお願いいたします。

羽毛ふとんをリフォームして仕立て直す その1

店主のこだわりと趣味?が昂じてか、眠りのプロショップSawadaには、日本でも数少ないものがいくつかあります。その一つがこれ  ドイツ・ロルヒ社の羽毛リフレッシュマシーンです。店舗で設置しているのは日本でも2軒だけというレアなマシン。何をするかというと、古くなってきた羽毛ふとんの中身の羽毛を丸洗いして、ゴミをとり、ダウンを選別して、新しくリフレッシュしてくれるキカイです。

Lorch羽毛リフレッシュマシーン

羽毛ふとんを「一生使える」なんて甘い言葉で販売している不埒な訪問販売業者も多いこの業界ですが、よくよく考えれば「一生使える」なんてわけありません。毎日使っていれば、汚れも付きますし、中の羽毛もゴミになってきます。側地は10年も使うと弱ってきて吹き出したりします。ところが、木綿のわたが打直しによって再利用できるのと同様、羽毛ふとんもリフォームすることにより、新しく生まれ変わるのです。 一口に羽毛ふとんのリフォームと云っても、実はいろいろな方法があります。 1.全く洗わずに羽毛を取り出して除塵だけする 2.布団の状態で丸洗いして、羽毛を取り出して除塵する 3.布団を解体、スチーム洗浄後+除塵する 4.布団を解体、何枚かまとめて洗い+除塵 5.布団を解体、一枚ずつ洗い+除塵+選別 Sawadaがかつて行っていたのは「スチーム洗浄+除塵」場合によって事前に丸洗い、というものでした。高温スチームによって汚れをとり、羽毛のパワーを回復するというものですが、スチームだけでは汚れが十分にとれません。 今回導入したマシンを作っているロルヒ社は世界の羽毛工場の洗浄機や分別機を作っているメーカーで、羽毛の洗いを一番知っているのです。 確かにきれいに洗えます。いままでの比ではありません。そのかわり、もとの羽毛の善し悪しがはっきりとでます。昨日洗った当店でお買上げいただいたステッキーダウンは元の重量が800gでしたが、洗浄後も760gとロス率5%と非常に優秀です。一方元の重量1300gが800gにしかならなかった例もあります。500gはゴミで落ちてしまったのです。 それでも残ったダウンをうまく使えば、羽毛ふとんは甦ります。 10年経ったら羽毛ふとんのリフォームをご検討ください リフォームの様子はこちらの動画から

TV「滋賀経済Now」に出ました

びわ湖放送のテレビ番組「滋賀経済Now」に出演しました。

これは環境ビジネスメッセに参加した企業の中でピックアップするというもので、実は先週の月曜日に収録がありました。
ビジネスメッセでもヒュスラーネストのベッドを指して「これがグリーン購入大賞のベッドですか?」と聞かれるので、なかなか一言では説明しづらいところもあるのですが、さすがにテレビ、6分ぐらいで一通りをうまくまとめてくれましたね。

環境大臣賞を受賞された滋賀銀行さんの広報誌「かけはし」にも高田頭取や環境生協の藤井さん、滋賀GPNの土屋さんと一緒に載せていただきました。滋賀銀さんありがとう。

大賞受賞以来いろいろな方からお声をかけていただくようになり、ありがたく思っています。この間過去の受賞団体を見て気がついたんですが、大規模流通業を除けば「小売店」としては初めての受賞なんですね。それ故にいただけたのかもしれません。

私事ですが、娘が二人、今年も「ゆう歌舞伎」に出演させていただきました。
これで11年連続出場ということに・・・

9月はブライダルフェア開催中

9月に入って、すこしずつ暑さがやわらいできましたね。

9月1日から17日まで、今ブライダルフェアを開催中です。

やはりポイントは敷ふとんorベッド。要は、いかに正しい姿勢でリラックスできる寝具を選ぶかが大切なのですが、特に二人のライフサイクルの中で寝具の位置づけのようなものをお考えいただきたいと考えています。

というのも、過去の経験からするとブライダルの時に購入された寝具類は、毎日使って15年ぐらいになってかなり痛んでから、どうしよう?と考えられる方が多いのですが、この結婚後15年というのは、平均的な家族でしたら長子が中学生ぐらい。教育費を始め子供にお金がかかりはじめる時期。なかなか寝具までという場合が多いのです。

実際にちゃんと買い替えができるのは、子供たちが独立してから・・・となると25〜30年後ということになってしまいます。30で結婚される方は55〜60になって、ということですね。この30〜50代というのは一方で、日常でのストレスが多いので、できるだけ質の良い睡眠をとって、健康へも気を使う必要がある世代でもあります。

ですから、いろいろ予算の制約はあるというものの、結婚時の寝具選びはとっても大切。インテリアデザインについつい目が向くのは無理もありませんが、睡眠の質を優先して考えていただきたいものです。

掛ふとんは羽毛ふとんがほとんどですが、これも10〜15年後にはリフォームをすることで使い続けることが可能です。リフォームに十分耐えられる羽毛の選択が大切ですね。

さわだでは「寝具のグリーン購入」を推進していますが、特にブライダルの方には十分ご検討をいただきたいもの。長く使うことが究極のエコ、とすれば「長く使える」寝具選びをおすすめします
livedoor プロフィール

ねむりはかせ

創業120年を迎える老舗のふとん屋の四代目
今までの「売れれば良いふとん屋」を脱却し、快適な眠りはどうあるべきか、そのための寝具はどのようにしたらいいかを日夜研究しています。
そのために、全国世界を訪ね歩き、試行錯誤の中からオリジナルの寝具を生み出してきました。

プロフィール画像はキャラクターデザイナー井上・ヒサトさんの作品 なまけもののネムタをご厚意で使わせていただきました。

記事検索
  • ライブドアブログ