Natural Sleep 自然な眠りの部屋 〜 快眠日記

快適睡眠を考え、その実現のための寝具を提案しサポートするショップです。 良質な天然素材を使い、ヒトが本来持っている自然な眠りを実現をめざして、オリジナル寝具の開発や睡眠の研究に取組んでいる「眠りのプロショップSawada」の店主の取り組みや最新情報を紹介します。 手作りでお届けするオーダー羽毛ふとん、オーダー枕、マットレスやベッドなど、快適で安全に眠るための商品情報も提供しています。

夏用寝具

パシーマに代わるピュアコットンのキルトケットとパッドシーツ

大変人気のパシーマ、品薄です

九州のメーカー龍宮さんが作っているガーゼと脱脂綿で作られたパシーマキルトケット、パシーマパッドシーツ。吸湿発散性に優れていて、眠りのプロショップでもおすすめの商品です。

 

医療用のガーゼと脱脂綿から生まれた商品で、赤ちゃんにも安全なエコテックススタンダード100のクラス1という安全性もあって、評判が良くロングセラーでした。眠りのプロショップではベビーの寝具をご購入の方には必ずおすすめしていた必須アイテムでした。

そして、昨年テレビで紹介されて人気に火が付き、今や品薄な状況が続いています。

残念ながらパシーマの脱脂綿はポリエステル混

パシーマは脱脂綿から生まれたといわれていますが、もともとのパシーマは綿100%ではなく、中わたにポリプロピレンが混ざっていました。私どもが10年以上前に本麻クール敷パッドの開発製造を始めたのも、パシーマで夏寝ると熱のこもりが気になったからです。これは、おそらくポリプロピレンの混合が大きな原因でなかったかと推測しています。実際、吸湿発散性や熱伝導性に優れた麻生地と麻わたで作った敷パッドは夏快適に使うことができるのです。

ところが今日パシーマの中わたは、キルトケットが綿85%ポリエステル15%パッドシーツに至っては三層構造の中わたのうち、上下は掛と同じ綿85%ポリエステル15%ですが、中央部は綿60%ポリエステル40%とポリプロピレンに代わりポリエステルとなり、その比率が高くなってしまいました。

ポリエステルを混ぜることによるプラス面はあるのかもしれません、しかし、できる限り天然素材にこだわりたい当社にとって、この仕様変更はどうも釈然としません。綿100%なら、土に還る生分解性があるのです。

綿100%の品を探したら、近くにあった

そこで綿100%でパシーマと同じ機能を持ったキルトケットやパッドシーツはないのか・・・と探したら、以前から親しく取引をしているメーカーにあったのです。灯台もと暗しです。

ピュアコットンのキルトケット

ピュアコットン・キルトケットは、両面が綿100%の二重ガーゼです。パシーマの一重ガーゼよりソフトで通気性に優れています。中わたは、医療用規格の綿100%の脱脂綿です。サイズは140×190cmとパシーマ(145×240cm)よりは一回り小さいのですが、お子さんや夏の使用がメインであることを考えると十分な大きさといえます。

価格は8,100円(税込)でパシーマ(7,020円)より少し高いのですが、これは両面に二重ガーゼを使っているためです。二重織は一重よりふわっと織られているので、風合いがより柔らかです。

ピュアコットンのパッドシーツ

表はキルトケット同様の二重織ガーゼですが、裏面は綿100%のブロードです。中わたは綿100%の脱脂綿ですので、パシーマのパッドシーツに比べると厚みはありません。

一方価格は7,560円(税込)とパシーマパッドシーツ(8,640円)より割安です。サイズは100×205cm、パシーマは両面ガーゼで、サイズも縮みをみて110×210cmに仕上げているのと比べると、ぎりぎりの仕上がりですが、その代わりに四隅にゴムが入っていますので、ずれたりすることがありません。裏面も綿100%ブロードなので、裏表逆で使うこともできます。

どちらが優れているか・・ではないが

パシーマとピュアコットン、使用上では優劣付けがたいところがあります。眠りのプロショップSawadaもピュアコットンを扱うので、パシーマは全面的に取り扱いを止めるということでもありませんが、私どもとしてはできる限り天然100%にこだわっていきたいと考えています。

お子さまは発汗量も多いのでピュアコットン(純綿)をおすすめ

特に乳幼児やお子さまは基礎代謝量が大人より多く、汗を多くかきます。これは成長ホルモン分泌と関連があり、暖かさよりも吸湿発散性を重視することが大切です。

パシーマはパシーマの良さがありますが、パシーマをご検討なさっているのでしたら、ピュアコットンのキルトケットとパッドシーツも選択肢で検討いただければと思います。

蒸し暑い日本の夏には、やっぱり近江ちぢみ

地元の伝統文化である長浜曳山祭
昨年末のユネスコ無形文化遺産登録記念に東京公演が行なわれました。さらに浅草神社で浅草こども歌舞伎との競演です。
長浜曳山祭のFacebookページをどうぞ

九州では豪雨、梅雨も開けていませんが、7/9の浅草寺はほおづき市もあって大変な賑わいで、温度も35℃と酷暑でした。自宅へ帰ってくるとバテバテです。

あまりに暑いので、リネンカバーと羽毛肌、リネンシーツを外して、近江ちぢみの本麻クール掛ふとん本麻クール敷パッドを出してきました。
40近江縮み敷きパッドイメージ4

リネン麻に比べても涼感がより一段アップします。
蒸し暑い夏には、昔から使われてきた素材の良さがはっきりとでますね。




夏は2枚交互で使いたい−本麻クール枕パッドがお買い得に

私どものオリジナル商品の本麻クール枕パッド
こちらが現在お買い得に
1.本麻クール敷きパッド23,24,28と一緒に購入されると、同種類の枕パッドが半額に
または
2.近江ちぢみ麻枕パッドは 4,320円→3,990円に
3.リトアニアリネン麻枕パッドは 3,780円→2,990円に

もともとは、シングルの敷きパッドを作った時に出たハギレを有効利用できないか、というところから始まったのだが、結構いける。特に、首筋には寝汗を多くかくので、その汗を吸い取ってくれるし、麻だから熱のこもりが少なくて涼しい。

両面麻にして、どちらでも使えるようにしているのと、一般品より1.5倍麻わたの量を増やしているので、性能的にはトップクラスだろうと自負している。 

現在のラインアップは 近江ちぢみを使ったタイプ(これが一番涼しい) のと リトアニアリネンを使ったタイプの2種類。特にリネンの方は、汚れもつきにくいので、男性向けに年間使っていらっしゃる場合も多い。(男性はどうしても枕が汚れやすいので)

こちらが近江ちぢみで
 40近江縮み枕パッドゴム付き

こちらがリトアニアリネン
RCリネン枕パッドイメージ500

日本製 国産 丸洗い可最高級近江ちぢみ使用オリジナル 本麻クール枕パッドサイズ50×70cm
日本製 国産 丸洗い可最高級近江ちぢみ使用オリジナル 本麻クール枕パッドサイズ50×70cm

サマーセール!!丸洗い可生地も わたも本麻100%オリジナル リトアニアリネンまくらパッドサイズ:42×63cm
サマーセール!!丸洗い可生地も わたも本麻100%オリジナル リトアニアリネンまくらパッドサイズ:42×63cm


本麻クール敷パッド Type27 と Type28 新登場

パシーマの敷パッドが夏暑いので、なんか対策がないか?
地元の素材の麻を使って同じようなものを作ったら、格段に涼しいのではないかということで始まった、眠りのプロショップオリジナルの本麻クール敷パッドシリーズ。

軽くて丸洗いができることもあり、毎年改良を加え 新しいシリーズを追加してきた。


近江ちぢみの良さを突き詰めたのがType24なのだが、その良さをリーズナブル価格で提供しようというコンセプト。Type27 は近江ちぢみのアウトレット生地を使い、表面だけの使用にして、中わたも少し減らし(というか一般的な200g/屐法▲悒爐鯡淵董璽廚砲靴燭發里澄

スペックダウンではあるが、十分に近江ちぢみの良さを味わっていただける。

DSC00390

価格は シングルで13,800円(税込) 色は画像に加えピンクの3色で限定50枚

Type28はリトアニアリネンを使ったType23の後継機種。
表面をヘリンボンジャガード織から平織に変更した。ヘリンボン織の方がゴージャスには見えるのだが、接触冷感は平織の方が良いのである。

生地はリトアニア・シウラス社の当店オリジナル生地 表は25番手 裏は40番手と両面使用できる。
DSC01749

DSC01794

円安とラミー麻の原料高+加工賃アップで非常に厳しいところだが、価格は据え置き。シングルで 19,440円(税込) 

枕パッド01


色は5色展開。限定100枚

 

夏の究極の敷 近江ちぢみの本麻クール敷パッド

梅雨に入り、湿気が増えてきた。
寝苦しい夏の夜を寝具の面から見ると、2つの要素が見えてくる。

一つは、熱をいかに素早く逃がすか である。
快適な寝床内の温湿度は 温度33℃湿度50%である。ところが夏になると、気温と身体の温度差が少なくなる。ヒトの身体は36〜37℃の深部体温で温められるから、体表面の熱を素早く逃がすことが必要だ。
麻は熱伝導率が良く、熱のこもりが少ない素材である。それゆえ日本では昔から使われてきた。

熱を逃がすだけなら、ジェルのようなものもありかもしれない。しかしもう一つの要素は湿度をいかに少なくするかである。日本の夏が寝苦しいのは温度よりも、湿度の問題の方が大きい。

冬よりは2~3倍多い発汗を素早く吸って、素早く放出することにより 湿度は下がるし、放出の際に気化熱を奪うので温度をさげることもできる。
麻は吸湿発散性にもすぐれているわけだ。

この麻のなかでも、夏にピカイチなのが近江ちぢみと呼ばれる滋賀県の地場産本麻生地である。生地に多くのしぼがあるために皮膚への接地面積が少なく、ぎざぎざになっているので、汗の放出も早い。

この近江ちぢみの本麻生地を使ったのが眠りのプロショップオリジナルの本麻クール敷パッドである。

40近江縮み敷きパッドイメージ4

表は近江ちぢみの本麻、これは当店オリジナルで織っていただいた一品。中わたも麻100%で、しかも一般品より厚手(300g/平米)で仕上げている。
裏面は平織りのこれも麻100%で好みに合わせて裏面も使えるのだ。

いままでに麻の敷パッドを色々企画してきたが、これが一番だろうと思う。
サイズも105×210僂判未砲眤弍して大きめに作っている。

通販はこちら

 
livedoor プロフィール

ねむりはかせ

創業120年を迎える老舗のふとん屋の四代目
今までの「売れれば良いふとん屋」を脱却し、快適な眠りはどうあるべきか、そのための寝具はどのようにしたらいいかを日夜研究しています。
そのために、全国世界を訪ね歩き、試行錯誤の中からオリジナルの寝具を生み出してきました。

プロフィール画像はキャラクターデザイナー井上・ヒサトさんの作品 なまけもののネムタをご厚意で使わせていただきました。

記事検索
  • ライブドアブログ