ドイツから新しい羽毛布団の生地が届きました。
これからの定番生地となります。いずれも綿100%
最も最軽量はTE270で69g/屐 ̄毛布団の側で600gしかありません。
その次のTE200は75g/屬如‖675g
今回はサテン生地AD200も加わりました。95g/屬蚤760g

weidemann_fabric

 

これだけの軽量生地は日本ではできません。日本で作るとポリエステル100%かポリエステル混になり、通気性が非常に悪くなります。(現在綿100%の国産最軽量生地は当店オリジナルS9100で85g/屐‖715gです)

一般的に出回っている超長綿60サテンは側が1100g、80サテンでも950gぐらいですから、今回の生地の軽さが判ります。

生地が軽いと羽毛を押さえつけないために、空気を含み羽毛の量も少なくてすみますし、通気性がいいので蒸れにくく乾きも早くなります。温湿度調節が抜群ですね。