Natural Sleep 自然な眠りの部屋 〜 快眠日記

快適睡眠を考え、その実現のための寝具を提案しサポートするショップです。 良質な天然素材を使い、ヒトが本来持っている自然な眠りを実現をめざして、オリジナル寝具の開発や睡眠の研究に取組んでいる「眠りのプロショップSawada」の店主の取り組みや最新情報を紹介します。 手作りでお届けするオーダー羽毛ふとん、オーダー枕、マットレスやベッドなど、快適で安全に眠るための商品情報も提供しています。

近江ちぢみ

蒸し暑い日本の夏には、やっぱり近江ちぢみ

地元の伝統文化である長浜曳山祭
昨年末のユネスコ無形文化遺産登録記念に東京公演が行なわれました。さらに浅草神社で浅草こども歌舞伎との競演です。
長浜曳山祭のFacebookページをどうぞ

九州では豪雨、梅雨も開けていませんが、7/9の浅草寺はほおづき市もあって大変な賑わいで、温度も35℃と酷暑でした。自宅へ帰ってくるとバテバテです。

あまりに暑いので、リネンカバーと羽毛肌、リネンシーツを外して、近江ちぢみの本麻クール掛ふとん本麻クール敷パッドを出してきました。
40近江縮み敷きパッドイメージ4

リネン麻に比べても涼感がより一段アップします。
蒸し暑い夏には、昔から使われてきた素材の良さがはっきりとでますね。




夏の眠りを改善するには(2)

前稿「夏の眠りを改善するには(1)」では温度の放出を促し、熱のこもりを少なくすることが入眠につながることを述べた。

もう一つの要素 2.むし暑いから眠れない を考えてみよう
快適な睡眠環境が温度33℃湿度50%として、体表面温度は32℃ちょっとだから33℃というのは結局、体温が奪われない体表面温度とほぼ同じということになる。つまり、どの季節でも明け方の寝床内は33℃になっているということだ。だから、冬は10℃以下の室温のところに出るのがおっくうになる。

さて、温度が33℃として湿度が高くなると不快指数が非常に高くなる。
33℃で 湿度80%だと不快指数が高く寝にくい。33℃50%は日本睡眠環境学会で示されたものだが、これは発汗が最も多い背中の部分を指している。日本の夏が暑いのは、温度より湿気であるから、発汗で生じた湿気をいかに素早く吸い、素早く放出するかが大きなポイントとなる。

私の結論はこうだ。
まず、体のすぐ下にオール麻でできた敷パッドを敷く。麻は吸湿性が高く、熱伝導性が良いので熱のこもりも少ない。

40近江縮み敷きパッドイメージ4

麻でもちぢみのようにしぼがある方が空気の層が増えて効果的だ。
さらにその下に、空気層を作るためにハニカムシートを敷く

ハニカム敷2

その下は敷布団、ベッドパッドだ。ハニカムシートのように空気層を作ることで、汗の放出が素早く行われ、同時時に気化熱を奪って温度が下がる。
その下にウールのベッドパッド、さらにブレスエアーのような中空構造のマットレスを組み合わせると、さらに空気のベンチレーションが向上する。ファンで風を送って涼しくするタイプのものがあるが、確かに有効だ。

吸湿発汗というと、エアリズムのような素材が良いのではないか、と考える人もある。ただ、このような素材は皮膚近辺の湿気を外側へ急速に送り出し、外側の空気の流れに発散させることによって快適性を実現しているので、寝具でいうと下側に空気の流れが確保できないと難しいように思われる。この辺りは、もしかしたら解決できるのかもしれないが、エアリズムの肌触りがいかにも人工的で私は好きではない。できれば、自然素材で実現した方がヒトにとっては自然ではないかと考える。

大切なのはできるだけ昼間のうちに乾燥させておくこと。そのままだと、湿気を含んだままになりやすいからだ。




 

夏の究極の敷 近江ちぢみの本麻クール敷パッド

梅雨に入り、湿気が増えてきた。
寝苦しい夏の夜を寝具の面から見ると、2つの要素が見えてくる。

一つは、熱をいかに素早く逃がすか である。
快適な寝床内の温湿度は 温度33℃湿度50%である。ところが夏になると、気温と身体の温度差が少なくなる。ヒトの身体は36〜37℃の深部体温で温められるから、体表面の熱を素早く逃がすことが必要だ。
麻は熱伝導率が良く、熱のこもりが少ない素材である。それゆえ日本では昔から使われてきた。

熱を逃がすだけなら、ジェルのようなものもありかもしれない。しかしもう一つの要素は湿度をいかに少なくするかである。日本の夏が寝苦しいのは温度よりも、湿度の問題の方が大きい。

冬よりは2~3倍多い発汗を素早く吸って、素早く放出することにより 湿度は下がるし、放出の際に気化熱を奪うので温度をさげることもできる。
麻は吸湿発散性にもすぐれているわけだ。

この麻のなかでも、夏にピカイチなのが近江ちぢみと呼ばれる滋賀県の地場産本麻生地である。生地に多くのしぼがあるために皮膚への接地面積が少なく、ぎざぎざになっているので、汗の放出も早い。

この近江ちぢみの本麻生地を使ったのが眠りのプロショップオリジナルの本麻クール敷パッドである。

40近江縮み敷きパッドイメージ4

表は近江ちぢみの本麻、これは当店オリジナルで織っていただいた一品。中わたも麻100%で、しかも一般品より厚手(300g/平米)で仕上げている。
裏面は平織りのこれも麻100%で好みに合わせて裏面も使えるのだ。

いままでに麻の敷パッドを色々企画してきたが、これが一番だろうと思う。
サイズも105×210僂判未砲眤弍して大きめに作っている。

通販はこちら

 
livedoor プロフィール

ねむりはかせ

創業120年を迎える老舗のふとん屋の四代目
今までの「売れれば良いふとん屋」を脱却し、快適な眠りはどうあるべきか、そのための寝具はどのようにしたらいいかを日夜研究しています。
そのために、全国世界を訪ね歩き、試行錯誤の中からオリジナルの寝具を生み出してきました。

プロフィール画像はキャラクターデザイナー井上・ヒサトさんの作品 なまけもののネムタをご厚意で使わせていただきました。

記事検索
  • ライブドアブログ